活発な前線の影響で発達した雨雲が連なり、佐賀県内は7日も早朝から強い雨が降っている。嬉野市では午前4時までの1時間に55・5ミリの雨量を観測した。気象庁は午前11時40分、嬉野、武雄、鹿島市と杵島郡白石町、藤津郡太良町に出していた大雨特別警報を警報に切り替えた。