本格派の主戦・田中遼が、気持ちの入ったプレーでチームをけん引する。攻守のバランスは良く、エンドランなど小技に足を絡めて得点を狙う。徳山監督は「立ち上がりに失点を防げるかが鍵になる」と話す。 投手は田中を筆頭に、左腕の橋本、佐竹ら多彩な顔ぶれ。二塁手の中溝を中心に守備も堅い。