夏の甲子園中止で落胆したが、SSP杯の開催が決まり、「この大会を取ろう」と意欲は強い。 打撃は期待できる選手がそろい、どこからでもチャンスメークできる。勝負強い1番中村、チーム一の長打力を誇る3番平野の前にランナーを置き、得点を狙いたい。