佐賀新聞で連載中の歴史小説「威風堂々~幕末佐賀風雲録」の題字は、県内の高校生が週替わりで揮毫(きごう)している。48人目となる7~14日付(13日の休刊日を挟む)は、小城高3年の相島沙也香(あいしま・さやか)さんが担当する。