陸上自衛隊輸送機オスプレイの木更津駐屯地(千葉県木更津市)への暫定配備で、6日午後に予定されていた1機目の配備が悪天候のため中止になり、8日に延期された。米軍岩国基地(山口県岩国市)から飛来する予定だった。

 防衛省によると、出発地の悪天候を理由に「飛行を中止する」と岩国基地側から連絡があったという。午後2時半ごろ、木更津駐屯地に待機していた記者団に飛行中止が伝えられた。

 防衛省は、オスプレイの最終配備先は佐賀空港としており、駐屯地候補地の地権者が所属する県有明海漁協との協議が続いている。

 木更津市は配備期間5年以内を目標にすることを条件に、防衛省の暫定配備の要請を受け入れた。1機目の到着が5年以内の起点になる。

 2機目の配備日程は変わらず10日を予定している。防衛省は全17機を導入する計画。

このエントリーをはてなブックマークに追加