5月は、お客さまと触れ合うことができない厳しい1カ月でした。毎朝ミーティングを開き、社員と経営状況を共有し合いました。だからこそ、前年とほぼ変わらない水準で持ちこたえることができたと思っています。