佐賀県内は6日、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがある。九州南部付近の梅雨前線が活発な状態のまま九州北部まで北上し、停滞する見込み。佐賀地方気象台は、6日夕方から翌7日にかけて土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の増水などに注意するよう呼び掛けている。

 同気象台によると、雨の予想は多いところで1時間の降水量が50ミリとなり、6日午後6時までの24時間では南部180ミリ、北部150ミリ。7日午後6時までの2日間の降水量は多いところで200~300ミリを予想する。

 有明海(大浦港)の満潮時刻は6日が午前9時32分と午後10時38分、7日は午前10時12分と午後11時13分となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加