医療用ガウンを峰達郎市長に手渡すクリエイティブヤマトの江頭紘一社長(左)=唐津市役所

 唐津市のIT関連会社クリエイティブヤマト(江頭紘一社長)は6月30日、唐津市に医療用ガウン50着を贈った。病院が行っている、発熱者への対応を振り分ける「発熱トリアージ」の際に活用するという。

 素材はマスクなどに使われる不繊布で、同社が縫製メーカーに依頼して製作した。江頭社長(79)は「風通しが良く、夏場に使いやすいと思う。医療従事者の方に役立ててもらえれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加