国史跡の東名(ひがしみょう)遺跡(佐賀市金立町)を紹介する出前授業が3日、同町の金立小で開かれた。同小6年1組の児童37人が遺跡から出土した約8000年前の動物の骨や貝殻に触れ、歓声を上げた。 国内の湿地性貝塚で最も古い同遺跡は、2003年に発見された。