ハザードマップは4月に作り直し、市内全戸に配布した。浸水の恐れがある区域は、国と県が管理する比較的大きな川の流域の雨量を「想定し得る最大規模」に改め、範囲や深さを7段階に色分けして表示した。