ふくふくの「若鶏の南蛮弁当」

 弁当屋「ふくふく」は佐賀市城内の一角にある。販売している「若鶏の南蛮弁当」(500円)はジューシーな鶏肉に、甘酢とまろやかなタルタルソースが絡み、食欲をそそる一品。鶏肉はモモ肉を使用しており、代表の千々岩修左さん(50)は「ムネ肉より肉の味がしっかりしている。卵をたっぷり使ったタルタルと甘酢は手作り」とこだわりを話す。

 ほかに、煮物がいっぱいの「幕の内弁当」(500円)も10年来の人気商品。煮物は千々岩さんの母の手作りで、まさにお袋の味。魚や肉、5品ほどの煮物に副菜が付いている。

 千々岩さんは、2018年に知り合いだった前のオーナーから店を引き継いだ。鉄板焼の店を経営した経験など生かし、母親らと一緒に3人で切り盛りする。「シンプルな商品ほどシンプルに味付ける」と調味料は厳選している。

 弁当は、店内以外でもJA直売所や道の駅で販売している。店で購入する際は、電話予約が必要。ランチのデリバリーも実施しており、日替わり弁当を提供している。

 

▷佐賀市城内2丁目12-18

▷8時半~10時(電話受け付け)

▷日曜定休(予約があれば販売)

▷電話0952(23)3911

このエントリーをはてなブックマークに追加