粘り強さが持ち味。終盤まで接戦の展開に持ち込めれば勝機が広がる。 投手は130キロ台の直球が武器の平、球種が豊富な武冨、左の瀬野の3人。調子や相手に応じて先発を変え、継投で抑える。打線は走力も打力もある山口慶、森田、嬉野、本山の4人で1~4番を自在に組む。