練習中に打球を頭部に受け、医療チームから手当を受けるヤンキースの田中(中央)=4日、ニューヨーク(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグのキャンプは4日、各地で行われ、ヤンキースの田中が再開初日に本拠地ニューヨークで対戦形式の練習に登板し、頭部に打球を受けた。精密検査で異常はなく、同日中に帰宅した。一方で脳振とうのような症状があったため、リーグの規定に基づいて段階的に復帰を目指す。

 カブスのダルビッシュは変則的な紅白戦に登板し、2回を1安打無失点と好投した。エンゼルスの大谷は、フリー打撃で24スイング中4本の柵越えだった。

 レイズの筒香は内外野の守備、レッズの秋山は外野の守備を練習した。ツインズの前田は守備練習、マリナーズの菊池はキャッチボールなどを行った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加