2016年に熱気球世界選手権を開催する佐賀市の秀島敏行市長は7日の会見で、7月末に視察したブラジル大会を参考に、佐賀大会はボランティア数を増やしたり、選手が使用するガスボンベや送風機を確保したりする…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加