◇コロナ禍で改めて「サガン鳥栖が自分の生活の一部分以上」であることを強く認識しました。