ロシアの芸術家アレクセイ・ガリコビチ氏がデザインした「配達人への感謝」を示す記念碑=3日、モスクワ(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワに3日、新型コロナウイルス感染拡大防止のための厳しい外出禁止期間中に、健康リスクを冒しながら食べ物や物資を運び続けた配達人に感謝を示す記念碑が設置された。設置に参画したロシア大手小売りグループは「世界初の配達人の記念碑」としている。

 記念碑は高さ約3メートルで、金属板をくりぬいて配達人のシルエットを表現し「自己隔離生活を可能にしてくれた皆さんに 2020」と感謝を示す言葉が添えられた。

 設置に参画したのはインターネットで食料販売を行う5社。モスクワでは3月末から約70日間にわたり食料や薬の購入以外での外出禁止が続いた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加