3人制の男子プロバスケットボールチーム「カラツレオブラックス」に所属する小城市出身の大野敬太選手(32)が1日、小城市役所を訪れた。新型コロナウイルスの感染拡大でリーグ戦が中止になるなど影響が広がる中、認知度アップや活動資金を集める取り組みを地道に続けており、交流の促進と支援を呼び掛けた。