UVカットや遮熱などの機能性素材を使った夏用の布マスク=杵島郡白石町のジーンスレッド

 杵島郡白石町の縫製メーカー「ジーンスレッド」(森本益生社長)は、UVカットや遮熱の機能を備えた夏用の布マスクを販売しています。メッシュ素材の涼しげな見た目で、内側は速乾性や冷たさを感じる生地で仕上げて蒸れを軽減。型崩れしにくい立体縫製で、耳ひもの長さも調整できます。

 6月初旬に販売を始め、関東を中心に4000枚を超える注文が入りました。利用客からは「着けていて楽」「子どもが嫌がらない」と好評だそうです。森本社長は「ひと通りマスクを試した人こそ、付けてみてほしい」と話します。

 フリーサイズとSサイズがあり、6色から選べます。1枚3300円(税込み)。全国の新聞社でつくるウェブサイト「47クラブ」やインターネット通販のYahoo!ショッピングで扱っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加