鹿島市民の夏の祭典「鹿島おどり」(同実行委主催)が8日夜、市中心商店街一帯で始まった。初日は市内外から39団体、約1500人が参加。小粋な音頭で踊り歩き、「ヤッサ、ヤッサ」の掛け声を夜空に響かせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加