ナシの形や傷をチェックする作業者=伊万里市大川町のJA伊万里選果場

収穫したナシを選果機にかける作業者=伊万里市大川町のJA伊万里選果場

 伊万里市で2日、名産のナシの出荷が始まった。爽やかな甘さが特徴の幸水(こうすい)を皮切りに、豊水(ほうすい)、あきづき、新高(にいたか)と品種を変えながら11月まで出荷される。

 大川町のJA選果場では、生産者らが作業の安全と高値での販売を祈願し、選別作業に入った。コンテナで搬入されたナシを1個ずつ機械にかけ、目視でのチェックと光センサーによる糖度の測定を行い、箱詰めした。初日は南波多町の選果場と合わせて5トンを全国の市場に出荷した。

 JA伊万里によると、暖冬の影響で例年より収量が落ちる懸念はあるものの、糖度の高さや食感の良さなど品質は上々という。

 今季は管内で2125トン、9億390万円の売り上げを目指している。また、生産者の減少などを理由に南波多町の選果場を今季限りで閉鎖し、大川町の方に統合する。

このエントリーをはてなブックマークに追加