復活した「デリシャスMonday」で弁当を購入する人たち=武雄市役所

 新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した飲食店を支援するため、武雄市役所で持ち帰り弁当を販売する「デリシャスMonday」が6月29日、復活した。5店が参加し、250食が30分で売り切れた。毎週月曜日に開く。

 4月13日に開催したが、緊急事態宣言を受けて1回だけで休止していた。「前回がすごい人気だったと聞いたから11時に来た」という女性(68)など、正午の開店前から50人近い列ができた。3密対策で並ぶ間隔を空け、販売会場に入る人数も制限した。

 5店の弁当は、270円のタマゴサンドや500円の日替わり弁当、1080円の短角牛ハンバーグ弁当などさまざま。大きなかごを持ち、各店を回って買い求める人もいた。友人と2人で来た女性は「行ったことのない店ばかりだった。選べるのがいい。どんな味か楽しみ」とうれしそうに持ち帰っていた。

 出店は無料で仕出しの許可が必要。前週の木曜日までに市商工観光課=電話0954(23)9237=に申し込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加