佐賀未来創造基金へ500万円を寄付した山代ガスの「ヤマシロン」(中央)と佐賀未来創造基金の山田健一郎代表理事(左から2人目)ら=佐賀市の山代ガス

 佐賀市の山代ガス(大塚浩司社長)の企業キャラクター「ヤマシロン」が6月29日、佐賀未来創造基金(佐賀市)へ500万円を寄付した。高校進学を希望する中学生の入学準備金として活用される。

 山代ガスで行われた贈呈式では、白水正昭常務が「明るい話題を届けようと、ヤマシロンに登場してもらった。佐賀の子どもたちの未来のために、応援できれば」とあいさつ。目録を受け取った佐賀未来創造基金の山田健一郎代表理事はお礼を述べ、「子どもたちが学校に行くことを諦めることがないよう、支援していきたい」と話した。

 佐賀未来創造基金では昨年から、県内の中学3年生を対象にした「入学応援給付金」の事業に取り組んでいる。給付金は返済不要で、昨年は39人に給付した。

このエントリーをはてなブックマークに追加