映画「娘は戦場で生まれた」のトークイベントに登壇する大室和也さん

 内戦が続くシリアの都市アレッポで娘に生きた証しを残すため、若き母親が命がけでカメラを回し続けたドキュメンタリー映画「娘は戦場で生まれた」が7月3日から、佐賀市松原のシアターシエマで上映される。同館では、5日13時10分からの同作品上映後、トークイベントが開催される。

 実際にトルコでシリア難民の支援に携わっているAARJapan佐賀事務所所長の大室和也さんが登壇する。現在トルコに駐在しているスタッフも現地からオンラインを通して参加し、2011年に勃発したシリア紛争の背景やシリア難民の実態について語る。

 料金は映画鑑賞料金に含まれており、定員は15人。要予約。問い合わせはシアター・シエマ、電話0952(27)5116。

このエントリーをはてなブックマークに追加