夏場の食中毒を防ごうと、佐賀県は1日、食品の一斉取り締まりを始めた。県内5保健福祉事務所の食品衛生監視員が8月末まで、県内2500施設で食品表示や温度の管理状況を確認する。