全日本柔道連盟は2日、東京五輪代表で唯一決まっていない男子66キロ級の最終選考会を、12月のグランドスラム東京大会とする方針を固めた。同級は新旧世界王者の丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(パーク24)が激しく争っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加