佐賀県内の5月の新車販売台数(登録車と軽自動車)は前年同月比46・4%減の1540台で、8カ月連続で前年実績を下回った。4月に続き、新型コロナウイルスの影響で積極的な営業活動ができなかったことや、メーカーの生産調整などが響いた。

 登録車の販売台数は37・7%減の863台だった。5月から全ての店舗で全車種を販売する体制に移行したトヨタは28・1%減で推移。日産は54・2%減、ホンダは34・8%減、マツダは39・7%減で各社、前年を大きく割り込んだ。軽自動車は54・4%減の677台で、8カ月連続のマイナスとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加