昨秋の県大会で4強入りし、第3シードで臨む。実戦形式の練習を重ね、守備力や機動力を培ってきた。状況に応じて自分たちで考える野球を掲げ、頂点を目指す。 強肩の捕手吉浦、広い守備範囲で外野をけん引する有川らを軸に、堅い守りで投手陣をもり立てる。