昨夏は準優勝。雪辱を果たそうと今年にかける思いは強かった。「3年生全員が残ってくれた。昨年レギュラーの木原、河本を軸に、長打力のある選手がそろった」と堀江監督は語る。 俊足の1番木原が出て、3番河本、4番實松が返す。エースの向門はシンカーを覚えて投球に幅が生まれ、篠原、北原の継投で組み立てる。