6月定例佐賀県議会は1日、本会議を開き、新型コロナウイルス対策を中心とした591億2316万円の2020年度一般会計補正予算案など14議案と意見書1件を原案通り可決し、閉会した。補正後の一般会計総額は6111億3916万円で、最終予算ベースで過去最高額となる。

 補正予算は、感染の第2波に備え、PCR検査の委託契約を結んでいる県内の医療機関に検査機器を整備する事業など検査・医療体制の整備や、結婚式が中止になったカップル、プロスポーツチームなど影響を受けたさまざまな分野への支援策を盛り込んだ。

 軽油取引税の課税免除措置の継続を求める意見書は全会一致で可決した。

 県議会運営委員会は理事会を開き、9月定例会の会期を9月8日から30日までの23日間とすることを申し合わせた。9月1日の議運で正式決定する。

 9月定例会の日程は次の通り。

 9月8日=開会▽14、15、16日=一般質問▽23、24日=常任委員会▽28日=特別委員会▽29日=委員長報告▽30日=討論、採決、閉会

このエントリーをはてなブックマークに追加