ズームによる記者発表会で、キャッシュレス決済の事業について話す峰達郎唐津市長(提供)

 唐津市は、対象店舗でスマホ決済サービスのペイペイを使うと、決済額の最大20%のポイントを還元する事業を始める。新型コロナウイルスの影響で客足が落ち込んだ観光施設や土産物店での消費につなげる。金曜から日曜の週末限定で、8月1日から23日まで行う。

 還元されるポイントは、1回の買い物で最大千円分。期間中では合計3千円分までになっている。対象店舗は、飲食店や唐津城などの観光施設、土産物店など約400施設を見込んでいる。

 唐津市内では約千店がペイペイでの決済を導入しており、参加した峰達郎市長は「市内での(ペイペイ)普及率が高い。地域の活性化につなげるため、ぜひ利用して」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加