唐津市 ■保利王国、70年の歴史に幕 突然の衆院解散総選挙で、唐津市出身の古川康氏(56)が知事を3期目途中で辞職し、国政に転身。自民党候補として佐賀2区で大差で初当選を飾った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加