大規模災害時は命や安全を守るために一刻も早い避難が迫られる。日本赤十字社佐賀県支部は、避難先で困らないように普段から非常持ち出し品を準備しておくことを呼び掛けている。必要な物をあらかじめ非常持ち出し袋に入れ、すぐに取り出せる場所に保管するのが望ましい。