好生館の桐野髙明理事長(左)に焼きのりを手渡す小山敏彦部会長=佐賀市の好生館

 佐賀県有明海漁協の鹿島市支所浜町事業所のり部会は6月26日、佐賀市嘉瀬町の佐賀県医療センター好生館に焼きのり446袋(全形4460枚分)を寄付した。同館の職員に配られる。

 一番摘みの県産ノリの中でも味を認められた「味推」を中心に用意。同部会の小山敏彦部会長(53)は「医療従事者や関係者の皆さまにご賞味いただき、励ましになれば」とあいさつし、のりを贈った。

 好生館の桐野髙明理事長は「深いご理解とご厚意に感謝している」とお礼を述べ、感謝状を手渡した。

このエントリーをはてなブックマークに追加