唐津市は昨年3月、市内を4ブロックに分けた防災マップを全戸(約4万9千戸)配布した。土砂災害、浸水、津波、洪水時の氾濫などの想定を色分けして地図上で紹介している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加