日本銀行本店=東京・日本橋

 日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、代表的な指標である大企業製造業の業況判断指数(DI)が3月の前回調査から26ポイント下落のマイナス34となった。リーマン・ショック直後の2009年6月(マイナス48)以来、11年ぶりの低水準。幅広い業種が新型コロナウイルス感染症の打撃を受け、景況感は6四半期(1年6カ月)連続で悪化した。

 3カ月後の景況感を予測したDIはマイナス27と改善を見込むものの、感染の「第2波」の懸念は拭えず、先行きの不透明感は強い。日本経済は最悪期を脱し、回復軌道に乗せられるかどうかの岐路に立たされている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加