JR九州の青柳俊彦社長は30日の会見で、6月1~28日に管内で販売した鉄道の切符や定期券などの売上高に当たる「運輸取り扱い収入」(速報値)が前年同期比53・4%減の約69億円だったと発表した。