7月1日から佐賀市役所本庁舎に開設される発達相談窓口。未就学児や小中学生の発達について相談できる=佐賀市役所

 佐賀市は1日から、主に未就学児や小中学生の発達について悩む保護者の相談窓口を、市役所に開設する。保健師や臨床心理士が相談に応じ、専門的な視点でアドバイスをすることで早期支援につなげる。

 市内在住の中学生までの児童生徒や、その保護者が対象になる。子どもの言葉の遅れや落ち着きがない、友人とトラブルが多いといった相談を受ける。電話予約制の個別相談で、月80人の利用を見込んでいる。

 市は東与賀支所に、小中学生の発達障害に関する相談を受ける「ひまわり相談室」を設けているが、臨床心理士などが常駐する専門窓口の開設は初めて。

 市障がい福祉課の村口滋慶課長は「気になることがあれば早めに相談してほしい」と話している。窓口の開設は平日午前8時半~午後5時。問い合わせ・予約は同課、電話0952(40)7248。

このエントリーをはてなブックマークに追加