7月の参院選を経て改憲勢力が衆参両院で初めて3分の2以上の議席を占めた今国会。憲法審査会を開いて本格的な改憲論議を加速させたい自民党に対し、民進党は自民党改憲草案を撤回した上での議論を求めている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加