若者の睡眠時間の推移

 20代から30代前半の若い世代の睡眠時間がこの10年間に1割程度増え、約8時間になったことが29日、ビデオリサーチと電通の調査で分かった。就寝時間が早まったためで、仕事や夜遊びより自宅で過ごす生活様式の変化などに加え、横になってスマートフォンを見ながら眠ってしまう「寝落ち」が影響している可能性を両社は指摘する。

 ビデオリサーチは毎年6月、首都圏の約5千人(2013年まで約2千人)を対象に、メディアへの接触状況などを調べ、電通が分析している。

 それによると、20~34歳の男性の睡眠時間は09年に平均7時間11分だったが19年は7時間55分と10・2%増加。同年代の女性も、09年の7時間19分から19年の7時間59分へ9・1%増えた。

 就寝時刻を見ると、夜11時に既に寝ている人の割合は、20~34歳男性で09年の18・6%が19年に34・7%へ、同女性で09年の30・0%が19年に44・9%へと増加した。この年代の男性の3人に1人、女性の半分近くが今や11時には就寝している計算だ。起床時刻に大きな変化はなかった。

 他の年代の睡眠時間は、35~49歳女性が10年間に6・8%増えた以外、ほぼ横ばいだった。08年以前は各年代とも顕著な変動はなかった。

 ビデオリサーチが18年に実施した別の調査によれば、15~29歳のうち、就寝直前にベッドや布団の中でスマホを使っている人が3分の2に上り、そのまま眠ってしまった経験のある人も多い。

 座ってテレビやパソコンを見るのと違い、横たわってスマホを使うと眠りに落ちやすいことから、若い世代を中心にスマホの利用が増えたことが、意外にも睡眠時間の増加につながったと両社はみている。

■仕事、夜遊びより家に

 若者の睡眠時間が増えた背景には何があるのか。

 ビデオリサーチひと研究所の渡辺庸人主任研究員は、若者が他の世代に比べ夜更かしという傾向は変わらないが、有職・無職に関係なく寝る時刻が早くなっていると指摘。「睡眠時間を削って仕事や夜遊びをするより、自宅で好きなコンテンツを消費するといった若者のライフスタイルの変化が関係しているのではないか」と話す。

 電通の奥律哉メディアイノベーションラボ統括責任者は(1)2008年に米アップルの「iPhone(アイフォーン)」が日本で発売されて以降、スマートフォンが急速に普及した(2)同年のリーマン・ショック後、残業が減り収入が上がらず、帰宅が早まった(3)12年に完了した地上テレビ放送のデジタル化で、個室のアナログ受像機が映らなくなり、若者のテレビ離れが進んだ―などを列挙する。

 ただ、ここ3年ほどは若者の睡眠時間の伸びも鈍化している。渡辺主任研究員は、若者にスマホがほぼ行き渡り、生活様式が固まってきたためと推測する。実際、総務省の昨年の調査では、個人のスマホ保有率は67・6%で、20~29歳に限れば93・3%に達した。

このエントリーをはてなブックマークに追加