佐賀大学全学教育機構の宮武正登教授(57)が、名護屋城に関する学術専門書としては初めてとなる『肥前名護屋城の研究-中近世移行期の築城技法-』(吉川弘文館)を出版した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加