古来から伝わる漆器の装飾技法に光を当てた県立名護屋城博物館の「螺ら鈿(らでん)と蒔絵(まきえ)」展。朝鮮で作られた螺鈿や鍋島家ゆかりの蒔絵など32点の貴重な資料が並ぶ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加