九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)を巡り、自民党佐賀県議団は29日、坂本洋介副知事を招いて非公開の勉強会を開いた。国土交通省から提案された複数の整備方式に対応する環境影響評価(アセスメント)について議員からは「同意できないと即答する前に、議会にも説明すべきだ」などの意見が出たという。

 勉強会後、取材に応じた坂本副知事は、複数アセス案に同意すれば「県がフル規格の事業実施を前提に同意したことになる」と警戒感を示し、議員団には「北陸新幹線の財源確保のタイミングに間に合うよう、長崎ルートのアセスを始める意図の提案を断るのは必然だ」と、県の考えを説明したことを明かした。

 出席者によると、山口祥義知事が赤羽一嘉国交相から会食に誘われたものの、赤羽氏の体調不良でキャンセルになったと公表したことに関し、議員からは「知事はもう少し冷静な対応をすべき」「国と対立すべきではない」などの声が上がったという。

 終了後、中倉政義県議団会長は「県議団で議論を進めて方向性を見いだし、党本部の与党PT(プロジェクトチーム)に意見を伝えていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加