西日本と東日本は7月1日にかけて、局地的に雷を伴った1時間に50~80ミリの非常に激しい雨が降るとして、気象庁は29日、大雨による土砂災害、低地の浸水、川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けた。佐賀地方気象台によると、佐賀県内は29日夜遅くから30日朝にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあり、多いところで1時間50ミリ、30日午後6時までの24時間に180ミリの雨量が予想されている。

 気象庁によると、梅雨前線上の低気圧が7月1日にかけて黄海から日本海に進み、前線は西日本から東日本を通過する見込み。低気圧や前線に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になって前線の活動が活発化しそうだ。落雷や竜巻などの突風にも注意が必要になる。

 白石町は29日午後7時、土砂崩れなどの災害が起こる可能性があるとして、山間部の室島・竜王地区の142世帯、435人に避難勧告を出し、避難所を2カ所開設した。それ以外の山間部の地域には避難準備情報を出した。同日午後6時以降、武雄市、杵島郡大町町、杵島郡江北町も全域に避難準備情報を出し、大雨への注意を呼び掛けた。このほか、佐賀市や唐津市など県内の複数の自治体が自主避難所を開設した。

 30日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で四国300ミリ、九州200ミリ、近畿150ミリ、東海、中国、奄美120ミリ、関東甲信100ミリ。その後の24時間は東海200~300ミリ、近畿100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。

このエントリーをはてなブックマークに追加