工場裏に設置している廃油入れから油が流出した現場=小城市牛津町の牛津蒲鉾

オイルフェンスを貼って流出を防ぐ職員=小城市牛津町

 29日午前5時50分ごろ、小城市牛津町の通行人から「クリークに油が浮いているようだ」と110番があった。牛津蒲鉾の工場裏に設置されたタンクから、そばにある農業用の用排水路に廃油が流出していた。小城市などがオイルフェンスを張り、吸着マットで回収するなど対応している。

 佐賀中部農林事務所などによると、農作物などへの影響はないという。同工場によると、タンク内に廃油がたまっているのに気付かず、油を移し替え、あふれ出たという。

このエントリーをはてなブックマークに追加