神埼市脊振町に建設予定の城原川ダム水没予定地区の住民でつくる2組織が28日、統合して新組織を設立した。かつてダム容認派と反対派に分かれ、地区を分断して激しく対立した両組織。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加