週末は子どもたちが芝生を駆け回る「くすきの杜」の中央広場=伊万里市立花町

 伊万里市立花町の元自動車学校跡地に東洋医学の体感施設「くすきの杜」が今月初めにオープンした。心身両面から健康と美の増進、未病(病気になる前の状態)改善を目指す。

 伊万里で親しまれてきた回生薬局が「人生100年時代と言われる現代。死ぬまで元気で過ごしてほしい」と願い、専門家を集結させ、薬局から健康サポート業へと進化を遂げた。施設内には、調剤薬局ほか、漢方未病に特化した施設や薬草工房などもあり、必要なものを総合的に提案できるようになっている。

 代表の平野智也さん(52)は「気の流れや風水も意識して造られた施設なので、ここを流れる気やエネルギーを心地よいと思ってもらえるとうれしい」と話す。また「急がば回れ」というように不便を楽しむような造りになっているので、ぜひ散策しながら施設を楽しんでほしいという。(地域リポーター・石黒みさと=伊万里市木須町)

このエントリーをはてなブックマークに追加