福岡県議会は18日、危険ドラッグの疑いのある薬物が原因で事故などが起きた場合、この薬物を早い段階で独自に「特定危険薬物」と指定し、販売や使用を禁じる条例を全会一致で可決した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加