与野党から衆院解散への言及が相次ぐ中、国民民主党県連代表で党国対委員長の原口一博衆院議員(佐賀1区)は27日、秋ごろまでに解散・総選挙となる可能性を視野に「自公政権に代わる新たな受け皿づくりを進めていきたい」と述べ、立憲民主党との合流を加速させる考えを示した。