佐賀南署は26日、傷害の疑いで、佐賀市川副町の大工の男(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は7日午後2時50分ごろ、同町内の自宅で同居する男児(4)の顔を手で複数回殴るなどし、約2週間のけがを負わせた疑い。男は「右手で3回ぐらいたたいた」と容疑を認めている。

 南署などによると、男は被害男児の親類で、11人暮らし。8日に県中央児童相談所(児相)から情報提供を受けた。これまで県警や児相に虐待の相談歴はなかったという。

このエントリーをはてなブックマークに追加