主食用米の転作作物として注目を集める飼料米の本格生産に向けた準備が進んでいる。佐賀県は、国が奨励する専用品種の栽培実験を行い、中山間地向けの有望品種を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加